ビジネス書籍

リスト・ビジネスの教科書|不労所得を目指すメルマガマーケティングのやり方

投稿日:

リスト・ビジネスの教科書は、ネットビジネスでは王道のリストマーケティングをいかに効率よく行うかということがレクチャーされた本になっています。

自分でメルマガを書かないという衝撃的な内容ですが、内容をみてみると理にかなった賢いやり方です。

商品タイプ:本
販売価格:2,980円(税抜)
販売条件:90日間返金保証
送  料:無料

『リスト・ビジネスの教科書』の購入ページ

リスト・ビジネスの教科書の内容

そこには、奇妙で不公平な世界があります。

あるところでは、1年中働きぱなしで今にもおかしくなってしまいそうな人がいます。上司やクライアントの決められたルールの上で働き、1日のほとんどを拘束されます。ストレスもかかり、仕事はキツイ。それでいて収入はわずかです。今後も収入が増えるかどうかわかりません。(将来会社がどうなるかもわかりません)

一方で全く違った生き方をしている人もいます。

彼らは自分自身のルールで生きています。彼らは誰からも拘束されることなく、働きたいように働いています。働きたい時に、働きたい場所で働いています。そして、働きたい人たちと一緒に働いています。それに高い収入を得ています。それだけではありません。彼らは旅行に行ったり、家族と過ごしたり、趣味や人生を楽しむための時間もたっぷり持っています。

自由を手にしている人は何が違うのか?
そうです。秘密はあります。 そしてその秘密をあなたに伝えるために、私は今日、これを書いているのです。

それは、不動産投資や株式投資などの投資の話ではありません。
それは、コンサルティングやコピーライティングではありません。
それは、不労所得を得る方法ではありません。

その秘密とは何でしょうか?あなたに自由をもたらすビジネスとは何でしょうか?

それは、、、「メルマガを使ったリストビジネス」です。

あなたに自由をもたらす
リストビジネスとは?
「メルマガなんてもう古い」と思いましたか?「メルマガなんてもう効果ないんじゃいなの?」と思いましたか?普通ならそう思いますよね?

しかし、それは全くの間違いです。インターネット・マーケティングの世界的権威である人物は、これこそが”世界で最も優れたオンラインビジネスモデル”だと言います。そして、私たちダイレクト出版は、メルマガの効果を身をもって体感しています。

例えば、、、とある事業では日刊メルマガを配信しています。正直に言って、そのリストはめちゃくちゃ反応が高いです。私たちが運営するブログやメルマガを楽しみにしてくれる人はたくさんいます。事実、毎日のメルマガやブログにたくさんのコメントが寄せられています。

この事業を立ち上げてまだ1年5ヶ月足らずですが、メルマガ会員5万8000人(2016年7月現在)、そしてそのリストからの売上は月間で約4000万円ほどで安定しています。それに、売上のコントロールもある程度できます。例えば、もう少し売上がほしいな、と思ったら、1通、商品を紹介するメールを送るだけ。それだけで、その日のうちに平均100万円ほどの売上が「追加で」入ります。

でも大事なのはそこではありません。

大事なのは、、、

私たちは日々のコンテンツ・メールを
一文字も書いていない
ということです。私たちが書いているのは、商品を紹介したい、売り込みをしたい、と思った時に送るセールスメールだけ。

なぜならコンテンツを書くのは「コンテンツホルダー」だからです。私たちは事業家。コンテンツを書くのが仕事ではなく、ビジネスを作ってそれを「マネタイズ」するのが仕事です。そこには明確な役割分担があるのです。

想像してみてください。

書店に行くと、たくさんの書籍が並んでいます。そして当然ですがその書籍は「著者」というコンテンツ・ホルダーによって生み出されたものです。彼らは一生懸命、オリジナルコンテンツを作って、本にして、販売しています。彼らの仕事は、読んだ人にとってためになるコンテンツを生み出し、読んだ人がわかりやすいよう、アウトプットすることです。

そういう意味で、彼ら専門家たちは、優れたコンテンツを書く専門家であって、ビジネスを作る専門家ではありません。

しかし、その中でそのコンテンツを「ビジネスにして」利益を生み出し、成長させる方法を知っているは本当にごくわずかです。つまり、大勢いるコンテンツを持っている人に対して、ビジネスをプロデュースできる人は、ごくわずかなしかいないのです。

そこに、あなたのビジネスチャンスがあります。

あなたが提供するのはアイディア
著者が提供するのはコンテンツ
事実、ありがたいことに私たちダイレクト出版の元には、「自分のコンテンツを売ってほしい」という専門家の方がひっきりなしにやってきます。(ただ、抱えきれないのでそのほとんどお断りしています。その中には、誰もが知る超有名企業の元トップや累計100万部超えるベストセラーになっている有名人もいます)

ここまで、私たちダイレクト出版の個人的な話をしてきましたが、実はこれは私たちの話ではありません。これは「あなたの」話なのです。このように、リストビジネスには大きなチャンスがあります。それも、あなたの目の前にあります。

もちろん、あなたがコンテンツホルダーなら、それをビジネスにするアイディアを身に付ければ鬼に金棒。実際私たちも、オリジナルコンテンツを元にした事業も並行してやっています。

リストビジネスを
今スグ始めるべき3つの理由
売るものがなくても始めれられます

よく起業したい人で悩みであげられるのが、売るモノがないということです。 しかし、リストビジネスは売る商品やサービスを持っていなくても始められます。

なぜなら、、、

・自分自身の専門知識を商品にする
・誰かの商品を売る(販売代行や卸など色々方法はある)
・アフィリエイトを売る

などなど、から売り物を調達することができます。リストビジネスで現在年商1000億円を越す投資情報サービス会社のアゴラ社も、元々はアフィリエイトをメインで売っていました。

スキルがなくても始められます

そのリストができてしまえば、たとえマーケティングが下手でも、メールの文章が下手でもなんとかやっていけます。なぜなら、リストさえあれば定期的にそこに役立つ情報を送ることで、リストを「育てる」ことができるからです。

そうすれば、リストとの間に「人間関係」が構築されていくので、それほどうまいメールを書かなくても、商品を売ることができます。それに、1発勝負の販売ではなく、何回もアプローチできるので、じっくりと売ることができます。

欲しい時に必要なだけの収入が得られます

ビートルズのジョン・レノンは、かつて「水泳プールをもう1つ買うために曲を書こう」と言いました。これは、ビートルズには大きなファン層が付いているので、収入が必要になると何もないところから新曲を作ることで収入を得ていた、ということです。

もちろん、あなたにはジョン・レノンほどの才能はないかもしれません。しかし、リストがあれば、あなたも同じようことができます。リストがあれば、そこにセールスのメールを1発流すだけでキャッシュを得ることができます。しかも、そのリストは1発メールを流しただけでなくなることはありません。何回もアプローチして、何度も売ることができます。

事実、リストビジネスをやっているある起業家は、家を2軒、クルマを4台、個人で所有する図書館、そして株・債券、保険、不動産などの投資ポートフォリオも、リストからの収入で手に入れました。彼いわく、それらの1つも自分のお金では支払っていない、と言います。

それだけではありません。実際に、2003年からほぼ1人でリストビジネスをやっている、起業家の鈴木さん(仮名)の日常をみてみると、、、、

上司もいない、通勤もいらない
ノートPC1台あればできるので、好きな場所で好きな時に仕事ができます。 だから通勤の必要もありません。朝、気がのらないなーと思ったら、カフェにいくこともふらっと旅行にいくこともできます。そのままそこで仕事をすることもできますし、本を読んだりあそんだりすることもできます。いつ、どこで仕事をしようが、しまいが、誰にも文句は言われません。

好きな時に休みを取ることもできます。行きたい時に行きたいところへいきたい期間だけ泊りたいホテルにとまることができます。値段を気にせずに服を買ったり、食事を楽しむこともできます。

イヤな人と仕事をする必要もなければ、あれこれ文句や無理難題をいってきたり、自分の意見を押し付けてくる上司もいません。この人の日常には「・・・せねばならない」というものはほとんどないのです。自分がやりたいからやる。やりたくないから、やらない。

選択できる自由があります
鈴木さんのことを近所の人はきっとリタイアしたい人だと思っているでしょう。なぜなら彼が出勤しているところや働いているところを見かけることがないからです。

しかしある意味、鈴木さんはリタイアしているのかもしれません。なぜなら「毎日こういうふうに過ごしたい」という理想の1日を思い描き実際に、そのとおりの毎日を過ごしているからです。遊びたい時は遊び。仕事して収入を増やしたい時はそうする。彼は完全に自分自身の生活をコントロールできているのです。

では、このような理想のライフスタイルを手にするには、どのようにリストビジネスを立ち上げていけばいいのでしょうか?

リストビジネスの教科書
~世界一堅実に10億円稼げるネットマーケ最強のビジネスモデル~

その答えが、あなたに今から紹介する「リストビジネスの教科書」です。

あなたは、「ネットを使ったビジネスは、なぜうさん臭いものしかないのか?」と思ったことはありませんか?あなたは「ネットを使ったビジネスのノウハウなんて信用できない」と思ったことはありませんか?あなたは「副業やお金の儲けではなく、もっとちゃんとしたビジネスを立ち上げるノウハウを教えてくれるものはないのか?」と思ったことはないでしょうか?

本書は、そんなあなたのためにあります。なぜなら、本書が教える方法は、世界トップクラスのリストビジネスを築き、そして多くのリストビジネスの立ち上げを支援してきたエキスパートが紹介する、確かで信頼できるものだからです。

事実、本書は、世界31カ国に支店をもつ人材養成ビジネス会社の会長でありベストセラー「フォーカルポイント」の著者ブライアン・トレーシーや、年商100億円以上の会社を2社、50億円以上の会社を2社、10億円以上の会社を10社以上立ち上げた起業家マイケル・マスターソン、などアメリカのビジネス界のスーパースターが推薦しています。

そのため、本書の著者メアリエレン・トリビーは、日本ではあまり知られていませんが、アメリカのオンライン・マーケティング業界で有名な人物です。米国のオンライン・マーケティング業界で有名なアゴラ社にいた時は、わずか15ヶ月間で800万ドルから2600万ドルへの売上増を達成。それ以前には、ワイスリサーチ社という企業のCEOとしてわずか1年間で1100万ドルから6700万ドルへの売上増へと導いきました。さらに彼女は、他にも「フォーブス」「タイムズ・ミラー・マガジン」などの企業を成功に導いた確かなビジネス経験があります。

その確かな実績から業界内で、マニーハニー(お金を稼ぎだす素晴らしい人)と呼ばれています。そして現在は、コンサルタントとして数千人もの起業家や起業家志望者のスモールビジネスの立ち上げをサポートし、多くの人を成功へと導いています。

彼女の方法を使って
とてもたくさんの人が実際に成果を出しています
本書「リストビジネスの教科書」ではメルマガを使って、わずか1ヶ月間で最初の1000人のリストを獲得し、ビジネスを立ち上げる方法がステップバイステップで紹介されています。

そして実際に彼女の方法を使って、多くの人が成果を出しています。

例えば、、、

メルマガ会員4000人突破し、遂に退職…

私は、2012年の初めに彼女の製品を買いました。私はそのコースをパートナーと一緒に約2ヶ月かけて受けました。そして、4月には最初のニュースレターを開始しました。それ以来、週に一度、情報を提供し、リストは4,000人以上に成長しています。今は、毎日30〜60 の新規加入者を得て、どんどん成長し続けています!

10月の終わりに今の仕事を辞めれるようになるほど、ニュースレターから十分なお金を作ることが出来ました。

私のパートナーも、今年の終わりまでに仕事を辞める予定です。その時点で、私たちはどこでも働ける自由を持っていることでしょう。私たちは、新たな事業から得たお金を使って、2年間夢見てきた都市に移動する予定です。

正直なところ、私はこれが本当に起こっているなんて信じられません。私は、メアリエレンに感謝しています。私はいくつかの副業を試してみましたが、これは少ない手間で成功できる唯一のものです。

私は週40時間を働いていたときよりも、多くの収入を週3-4時間分働くだけで得ているのです!ありがとうございました。

わずか1年足らずメルマガ会員10000人突破…

毎週数時間程度、私のメルマガ作りを楽しんで実行しています。ノートパソコンを使って作業しているので、自分の時間をしっかりと作れています。

2013年1月の時点で、私の購読者はちょうど1万人を突破しました。そして、新規加入者が毎日100人以上います。今、バーチャルアシスタントの雇用しようと思っています。私はこれらのことすべてが1年未満で起こったことが信じれません。私はメアリエレンに信じられないほど感謝しています。私は今、自分の夢を叶えながら、情熱を持ってる人を助けることに自分の人生を捧げています。

自分でほぼ記事を書かずにデキる?
お客を引き寄せるコンテンツを調達する3つの方法
リストビジネスではあなたはビジネスプロデューサーとして、そして編集者として、役立つコンテンツを読者に提供し続ける必要があります。では役立つコンテンツをいかにして集めるか?

本書で紹介されている方法を一部紹介すると、、、

方法1 専門家から調達する

世の中には、ブログや本を出している無名の専門家がたくさんいます。その専門家が発行しているコンテンツを再掲載させてもられるように依頼しましょう。(コンタクトが難しければ、はじめは、その分野にちょっと詳しいというレベルの知り合いに依頼してもOKです)多くの場合、OKを貰えるはず。なぜなら、専門家というのはコンテンツを出来る限り多くの人に知ってもらいたいからです。再掲載なら労力も掛かりません。専門家にとってほとんどメリットしかありません。

そして、何度か記事を使わせてもらったところで、自分のサイトにパネリストとして招きます。オリジナルのコンテンツを定期的に投稿してもらえるに持ちかけてみましょう。(専門家の探し方や具体的なアプローチの方法は本書P94〜参照)

方法2 著作権フリーコンテンツ・再販可能なコンテンツを使う

あなたは、著作権切れして誰でも自由に使えるコンテンツがあることを知っていますか?あるいはPLRコンテンツというものの存在を知っていますか?PLRコンテンツとは自費出版で作れられた電子書籍やレポートなどのもので、誰でも編集して使っていいコンテンツのことです。

実は、アメリカでは著作権切れのコンテンツやPLRコンテンツやそれを紹介するサイトなどが多数あります。(本書P127〜にオススメのサイトを紹介しています)

そのコンテンツをほぼそのまま利用することもできます。あなたのメルマガのテーマに合ったものを選び、翻訳サイトや翻訳サービスに頼んで訳してもらうだけでいいのです。それだけで日本ではあまり知られていない価値ある情報を読者に届けられます。(もちろんアメリカに比べて数は少ないですが日本でも著作権切れのコンテンツやPLRコンテンツあります。それをそのまま転載することも可能です)

方法3 ”ほぼ書かずに”自分で記事を制作する

もちろん自分で記事を制作することもできます。ある2つのツールを使えば、ほとんど書くことなくコンテンツを作りだすことできます。

やり方はとても簡単です。

STEP1 まず、「Googleアラート」という無料のツールを使います。このツールは、ネット上に流れたニュース、ブログなどの情報を自動的にキャッチして、あなたに知らせてくれるという、とても便利なものです。Googleアラートのサイトにアクセスして、専門分野のキーワードを設定します。

STEP2 Googleアラートがメールで情報を知らせてくれます。知らせてくれた通知の中から、面白そうなものを選びます。これで、メルマガのアイデアが決まりました。

STEP3 次にiPoneやMacに内蔵されている「ディレテーション機能(口述筆記)」を使います。これは、話した内容を文字に書き起こししてくれるというとても便利な機能です。書くのが苦手でも話すことはできますよね?これを使って先ほどのアイデアについて、思ったことをとにかくしゃべります。(本書ではWindowでも使えるオススメの口述筆記用ソフトも紹介しています)

STEP4 書き起こされた文章をみて、誤字や変換間違いがあるところを修正したり、文章の編集行います。

たったこれだけです。アイデアを考える必要もありませんし、文章を書く必要もほとんどありません。あなたは、用意されたアイデア中から面白そうなものを選んで、それについてしゃべるだけでいいんです。

この3つの方法を組み合わして作れば、面白い記事をほとんど労力を掛けずに調達することができます。さらに本書は、このような面白いコンテンツを調達する方法以外にも、リストビジネスを構築する方法を”ステップバイステップ”を教えてくれます。

公式リスト・ビジネスの教科書

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-ビジネス書籍

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.