WordPress

ムームードメインを利用した独自ドメイン取得方法【初心者必見の選び方】

投稿日:

独自ドメイン取得におすすめの会社とともに、実際にムームードメインで独自ドメインを取得する方法やドメインの種類について、ブログ初心者の方向けに分かりやすく紹介します。

またドメインを取得する際に気をつけなければならない注意点もありますので、これから有料ブログを作ろうと思うけど、作り方が分からないという人は参考にしてみてください。

特にこだわりがない人はムームドメインでドメインを取得していきましょう。

独自ドメイン取得におすすめの販売会社

独自ドメインを提供している会社はいくつもありますが、アフィリエイトをしていく上で多くの人がおすすめしているのは以下の2つです。

ムームードメイン

まずは「ムームードメイン」から紹介します。

「ムームードメイン」の特徴は以下の4つです。

  • 価格が安い
  • マニュアルが豊富
  • 管理画面がわかりやすい
  • WHOIS情報の代理公開可能

WHOIS情報代理公開について、よくわからない方が多いかと思いますのでここで紹介しておきます。

WHOIS情報とは、簡単にいえば個人情報のことでドメイン取得者の名前、住所、電話番号、メールアドレスなどが該当します。

WHOIS情報を代理公開することで個人情報が漏れてしまうことを防ぐことができるので必ず設定しておきましょう。

ちなみにWHOIS情報の代理公開をするには有料のところもあるのですが、「ムームードメイン」は無料でできるのでおすすめです。

「ムームードメイン」は価格が安い上にマニュアルが豊富で管理画面も使いやすいので初心者の方には特におすすめです。デメリットが特に無いことも良いですね。

僕はムームードメインを使っています。迷ったらこちらを選べば間違いないです。本記事でもこちらを使った方法で解説していきます。

ムームードメイン 公式サイト

お名前.com(お名前ドットコム)

次は「お名前.com」です。

「お名前.com」の特徴は以下の3つがあります。

  • 価格が安い
  • キャンペーンを頻繁に行う
  • 365日24時間電話対応可

「お名前.com」は価格の安さが売りです。

基本的には「ムームードメイン」とそれほど変わらないのですが、キャンペーンの頻度が高いのです。

キャンペーン中にドメインを取得すればいつもより安く取得できます。

そしてサポートが充実しており365日24時間電話対応が可能となっています。

 

しかし「お名前.com」は注意点があります。

「お名前.com」でもWHOIS情報の代理公開は無料でできるのですが、それはドメインを取得する際に設定した場合のみなのです。

もし最初に設定し忘れてしまうと年間980円余計にお金がかかってしまいますのでご注意ください。

僕は「お名前.com」は使っていませんが利用者は多いです。さほど変わりませんが、強いこだわりがあるのならこちらを選んでもいいと思いますよ。

お名前.com 公式サイト

独自ドメインの取得方法(ムームードメイン利用)

まずムームードメインのリンク先に飛びます。

ドメイン名を入力

検索ボックスに自分が取得したいドメイン名を入力し、『検索ボタン』を押します。

ムームードメイン

ドメインを選択

検索結果が下記画像のように表示されます。

ムームードメイン

×印がついているドメインは既に使用されているため、取得することができません。

上記画像であれば『get-freepj.com』以外のドメインから好きな物を選びましょう。

新規登録

ドメインの選択が終わったら、ムームードメインに新規ユーザー登録しましょう。

ムームードメイン

新規登録が終わったら、ムームーIDとパスワードでログインします。

ドメインの取得

ドメインの取得画面に遷移したら、ネームサーバー(DNS)を『今はまだ使用しない』に変更します。

ムームードメイン

その後、お支払い情報を入力して「次のステップへ」をクリックします。

独自ドメイン

 

あとはクレジットカード情報の入力など、流れに沿って進めればドメインの取得が完了します。

ドメインの種類

ドメインには下記3つの種類があります。

新規ドメイン

新規ドメインは、使用されたことのない英数字のドメインです。

例えば、『get-freepj.com』は新規ドメインとなります。

新規ドメインを取得した場合、自分が一から育てていく形になります。

中古ドメイン

中古ドメインは、過去に誰かが使用していたドメインです。

基本的に新規ドメインに比べて値段が高いですが、運用暦があるので検索結果にインデックスされるスピードは早いです。

日本語ドメイン

日本語ドメインは、日本語を使用したドメインです。

例えば、『ドメイン.com』は日本語ドメインとなります。

厳密に言えば、日本語ドメインは新規ドメインか中古ドメインかどちらかに分類されます。

初心者向けドメインの選び方のポイント

それではドメイン名を決めるにあたって踏まえるべき、3つのポイントを紹介します。

種類はどれがオススメ?

ドメインには3つの種類があることを紹介しましたが、初心者の方は新規ドメインを取得することをオススメします。

その理由として、中古ドメインはスパム扱いされている可能性があるからです。

つまり過去に何に使われていたか把握できないドメインを取得するのはリスクがあるというわけです。

 

また日本語ドメインに関しては、特化型ブログには向きのドメインとなっています。

例えば車査定の特化型ブログを作成する場合、『車査定.com』というドメインを取得すると良いでしょう。

というのも、このドメイン名をつけると『車査定』と検索した時にURLも検索結果に引っかかるため、検索エンジン(Google)に評価されやすいからです。

しかし雑記ブログのように様々なネタを扱うブログにおいては、日本語ドメインは不向きなドメインとなっています。

よってトレンドアフィリエイトから始める初心者の方は新規ドメインを取得するようにしてください。

トップレベルドメインは?

トップレベルドメインとは、『.com』『.jp』『.net』などドメインの末尾の文字のことを指します。

一般的に検索エンジンに強いと言われている順番が下記のようになります。

『.jp』>『.com』>『.net』

しかしこの情報は単なる噂に過ぎないので、個人的には正直どれでも良いと考えています。

少なくとも個人レベルで『.jp』のドメインを取得する必要はないため、『.com』か『.net』を取得するのが無難かと思われます。

ドメイン名のつけ方は?

ドメイン名のオススメのつけ方は、ズバリ短く覚えやすい名前にしましょう!

特化型ブログのように既にテーマが決まっているのであれば、そのテーマに沿ったドメイン名を付けるのがセオリーですが、トレンドブログの場合はテーマが定まっていません。

よって短くて語呂合わせが良いような名前にすれば、何でもOKです。

 

なぜ短くて語呂合わせが良い方が良いのかというと、検索ユーザーにURLで検索してもらいやすくなるため、リピーターを増やす要因となってくれるからです。

まあ普通に考えれば、長くて覚えにくいURLよりは、短くて覚えやすいURLの方が印象に残りやすいですよね。

 

ただ注意点として、『trendnews.com』など「トレンドブログ」を感じさせるようなドメイン名は避けた方が無難です。

その理由として、近年Googleがトレンドブログの乱立に際して、「手動ペナルティ」を行うようになったからです。

「手動ペナルティ」とは、Googleの会社の人が特定のサイトを検索結果の圏外に飛ばす処置のことを指します。

Googleが「手動ペナルティ」を行うようになったのは、トレンドブログが乱立したからだと言われており、少しでも重複コンテンツを減らすための処置だと考えられています。

つまり「トレンドブログ」を感じさせるドメイン名をつけていると、それだけで「手動ペナルティ」を受けてしまう可能性が高まってしまいますので気をつけてください。

 

以上、『新規ドメイン』『.comか.net』『短くて覚えやすい』という3つのポイントを踏まえて、独自ドメインを取得するようにしましょう!

続けて、ブログを設置するために必要となるレンタルサーバーの契約を行っていきましょう。

NEXT>エックスサーバーの登録方法とワードプレスブログ界で評判が高い理由

https://get-freepj.com/archives/1248

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-WordPress

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.