SEO

【2019年最新】Google Search Consoleにサイトマップを登録する方法

投稿日:

Google XML SitemapsというWordPressプラグインを使うことにより、Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)にXMLサイトマップというものを送ることができます。

XMLサイトマップを送ることにより、検索結果に表示されるインデックス速度を向上させることができます。

少し難しい表現になってしまいましたが、投稿した記事が検索結果に表示されのを早くする作業を行っていこう、ということです。

2019年最新版のGoogle Search Console(通称:サーチコンソール、サチコ)にXMLサイトマップを登録する方法を解説します。

アクセスを集めるために必須なので、設定方法が分からない人は参考にしてみてください。

XMLサイトマップの作成

『Google Search Console』を使うにあたって、先にサイトマップを作成する必要があります。

サイトマップは『Google XML Sitemaps』というプラグインをインストールし、有効化することで自動的に作成されます。

sitemap

プラグインを有効化するまでの流れは下記記事をご覧下さい。

WordPressプラグインとは?今さら聞けないインストール方法3選

2019年最新版Google Search Consoleの登録方法

続けて『Google Search Console(旧Googleウェブマスターツール)』に登録します。

サーチコンソールとは簡単に言えば、あなたのサイトが検索エンジンでどういう動きをしているか?が解析できるツールになります。WEBサイト運営者は導入必須です。

まずGoogle Search Console公式サイトにログインしてください。

googleのアカウントをお持ちでない方は、この際に作成するようにしましょう。

以前のバージョンに戻す

実は2019年になって、サーチコンソールの仕様が変更されました。

それに伴い登録方法も変更されていますが、個人的には以前の方法の方がやりやすいので、サイドバーのところから「以前のバージョンに戻す」をクリックしましょう。

この状態でサイトの追加方法を解説していきます。

サイトURLの入力

ログインすると、下記画面のようになります。

スクリーンショット 2016-04-20 11.18.56

空欄に自分のサイトのURLを入力して、『プロパティを追加』をクリックします。

所有権の確認

次に自分のサイトなのかどうかの所有権を確認する作業が必要となります。

複数のやり方がありますが、私がオススメするやり方はHTMLタグを用いた方法です。

『別の方法』タブを選択して、HTMLタグにチェックを入れます。

スクリーンショット 2016-04-20 11.21.35

赤枠で囲ったメタタグをコピーします。

WordPressのテーマ編集へ

一旦、WordPressのダッシュボードを開いて、『外観』→『テーマの編集』の順に選択します。

テンプレートの中からヘッダーファイル(header.php)を選択して、</head>の直前にメタタグをペーストします。

スクリーンショット 2016-04-20 12.05.04

終わったら、『ファイルを更新』をクリックします。

ここまで出来たら、再びGoogle Search Consoleの画面に戻り、確認ボタンを押します。

無事に所有権の確認が終われば、Google Search Consoleへの登録は完了します。

なおメタタグをコピペしてから少し時間が経たないと、確認が成功しない場合がありますのでご注意ください。

FTPソフトでHTML確認ファイルをアップロードする方法

上記で確認は終わっているので問題ありませんが、FTPソフトで「HTML 確認ファイル」というものをアップロードする方法も人気なのでこちらのやり方も説明しておきます。

このファイルをアップロードしておけば、Googleのクローラーはブログの所有権を自動的に確認してくれます。

FTPソフトを持っていない方や使い方がよく分からない方は下記記事を参考にしてください。

【WordPress】FTP設定からFileZillaによるファイルアップロード方法

それでは、「この HTML 確認ファイル」という部分をクリックしてみてください。ファイルのダウンロードが開始されるはずです。

 

FTPソフトであるFileZillaを起動します。

サーバーに接続したら、右側にあなたが使用しているドメインが表示されるはずです。(エックスサーバーの場合)

Search Consoleに登録したいドメインをクリックしましょう。

すると、いろいろなフォルダが表示されますが、「public_html」というフォルダをクリックします。

そして、このフォルダの中に先ほどダウンロードした「確認ファイル」をそのままドラッグ&ドロップしましょう。

これで、確認ファイルがアップロードされたので、FileZillaは終了して大丈夫です。

 

続いて、先ほどのSearch Consoleの画面に戻り、以下の画像の赤枠で囲っている部分をクリックして、正常に確認ファイルをアップロードできたか確認します。

このような表示があらわれたら、正しくアップロードされています。

サイトの所有権の確認は1か月おきぐらいで定期的に行われるので、確認ファイルはアップロードしたままにしておきましょうね。

そして、先ほどの画面で「確認」をクリックしましょう。

このような表示がでます。

以上で確認終了です。「続行」をクリックしましょう。

サイトマップの追加方法

自分のサイトの登録を終えたら、事前に作成したサイトマップを追加します。

ダッシュボード画面に入れたら、サイドメニューにある『サイトマップ』をクリックします。

サイトマップ

 

右上の『サイトマップの追加/テスト』をクリックして、入力欄に自分のサイトマップのアドレス(sitemap.xml)を入力します。

最後に『送信』ボタンを押せば、サイトマップの追加が終了となります。

「サイトマップを送信しました。」と表示されるので、その横の「ページを更新する。」をクリックします。

このようにサイトマップが送信されていることが確認できると思います。登録直後は、データが反映されていないので、「送信」や「インデックスに登録済み」の項目は空欄だったり、「保留」と表示されているはずです。

この反映はけっこう時間がかかり、僕の場合は1週間ぐらいかかりました。なので、なにも表示されていなくても心配しないでくださいね。

これで、Google search Console にXMLサイトマップを送る作業は終了となります。

XML-Sitemapでサイトマップ送信状況を確認

今後はサイトマップが自動的に送られるので、記事投稿時になにか作業する必要はありません。もし、しっかり通知されているか確認したかったら、WordPress管理画面の設定から「XML-Sitemap」をクリックします。

 

最初の段階では、「検索エンジンはまだ通知されていません。」と表示されていると思います。

 

赤枠で囲ってある「your sitemap」という部分をクリックすると、変更が通知されます。

サイトマップの追加が成功したかどうか、暫く待ってみてから確認しましょう!

[box05 title=”まとめ”]このようなサイトマップを送信する作業はブログを立ち上げたら、必ず行っておきましょう。

また、今回使用したGoogle Search Console(旧Googleウェブマスターツール)は、あなたのブログを最適化するのにとても役立ちます。

もし、ブログが正常にクロールされなくなった場合は、このGoogle Search Consoleにエラーのメッセージが届きます。また、手動ペナルティのメッセージなどもこちらに届くので注意しましょう。[/box05]

 

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

Webマーケティング事業を展開する会社を経営しています。⇒詳細はこちら

-SEO

Copyright© ブログLABO , 2020 All Rights Reserved.