SEO

アクセス数が急上昇するブログ記事タイトルの付け方とおすすめ文字数

投稿日:

検索結果で上位に表示されている記事よりも多くのアクセスを集めるにはどうしたらいいだろう?

今回はこんな疑問に答えていきます。

 

例えば、あなたが二日酔いの頭痛を治したいとき「二日酔い 頭痛」と検索したとしますね。

その時、検索結果の一番上に「二日酔いで頭痛になるメカニズムを解説」という記事、

その下に「一瞬で二日酔いの頭痛が治る?!驚きの方法を大公開!」とあったとすると・・・

あなたはどちらをクリックしますか?

あきらかに、後者をクリックする方のほうが多いと思います。

それでは、このふたつの記事タイトルの違いはなんなのでしょうか。どうして、前者より後者のほうがクリックしたくなってしまうのでしょうか。

このテクニックを使うことで、あなたのブログへのアクセスは数倍に跳ね上がるはずです。

今回はブログの記事タイトルのSEOの面から見たおすすめ文字数とともに、思わずユーザーがクリックしてしまいたくなるようなアクセス数が急上昇する付け方を紹介します。

記事タイトルの推奨されるおすすめ文字数

前提として、記事タイトルは何文字ぐらいにすればいいのか、考えなければいけませんね。

基本的に決まりはありませんが、一般的には

28文字~32文字以内

というのが目安にされています。

なぜこの文字数なのかというと、GoogleやYahooを使用して何かを検索した際に表示されるタイトルが28文字~32文字となっているからです。

 

そして個人的にもこの文字数を目安にすると「キーワードの個数」も自ずと多すぎず、少なすぎずの良い具合になって、SEOの観点から見てもちょうどいいと思います。

何が何でも守る必要はありませんが、1つの目安として考えるといいですね。

アクセス数を増やす記事タイトルの付け方

以上のことを踏まえて、読者が思わずクリックしてしまうような記事タイトルの付け方を見ていきます。

検索ユーザーが何を知りたいのか考える

これが記事タイトルをつけるうえで一番大切になります。

「二日酔い 頭痛」と検索した人はどのようなことを知りたいのでしょうか?少し考えてみてください。

 

おそらく、「二日酔いの頭痛の治し方」を知りたい方が多いのではないでしょうか。

つまり、検索したい人は

「二日酔いで頭痛になるメカニズムなんてどうでもいいから、とにかくこの頭痛を治したい!」

と思っているのです。

 

なので、検索ユーザーのことを考えて記事タイトルを決める必要があるのです。

冷静に考えれば「二日酔い 頭痛」と検索する方の多くは、「頭痛を治したいから」検索すると予想できますよね。

 

しかし、実際に自分が記事タイトルを決めるときはどうしてもこの思考が欠けてしまうのです。僕も最初のころはキーワード選定に必死で、検索ユーザーの頭の中なんて考える余裕はありませんでした。

 

ただ、この考えができないと上位に表示されてもクリックされることはありません。

逆に、検索ユーザーのことをちょっと考えるだけでクリック率も驚くほど上がっていきます。

 

つまり、キーワード選定で決めたキーワードで検索ユーザーがどのようなことを知りたいのかを予想すればいいのです。そしてそれを目安文字数以内で記事タイトルとして表現します。

 

記事タイトルに魅力的な言葉が入っていないと、記事本文でどれだけ素晴らしいことが書かれていたとしても、読者の方は記事を見てくれません。

28文字~32文字という限られたメッセージでどれだけ読者の方を惹きつけられるかが大切なのです。

クリックしたくなるようなキーワードを入れる

思わずクリックしてしまうようなキーワードをタイトルに含めることも効果的です。

上記の例でいえば、「一瞬で二日酔いの頭痛が治る?!驚きの方法を大公開!」の中で、「一瞬で」「驚きの」「大公開」が思わずクリックしたくなるようなキーワードです。

このようにクリックを促すキーワードはとてもたくさんあるので、他のブログのタイトルで使えそうなキーワードがあったら、メモをとっておくといいかもしれません。

 

ただ、あおりすぎには注意してください。

毎回毎回「驚きの!」とか「誰も知らない!」とか強調しすぎると、読者も「またかよ。」と思ってしまいます。

常識の範囲内で使うように意識しましょう。

記事タイトルに数字を入れる

タイトルに数字を入れることも効果的です。

例えば、「あこがれのあの子と仲良くなる3つの方法!」といった感じです。

このように数字を入れることによって、「方法が3つ紹介されているんだな」と記事がイメージしやすくなります。

さらに、数字によって「どんな方法があるんだろう?」と気になりますよね。

数字を入れるのは、とても簡単なのでぜひ導入できそうなタイトルの場合はどんどん試してみてください!

記事タイトルで質問をする

記事タイトルを疑問形にして、検索ユーザーに質問するようなタイトルにするのも効果的です。

例えば、「朝の時間を効率的に使えていますか?」というように、読者に疑問を投げかけます。

 

人間は質問をされると反射的に答えたくなってしまいます。

その心理的影響を利用して、このような疑問形の記事タイトルにすることにより、クリック率を上げることができるのです。

 

この記事タイトルを質問型にすることによって、クリック率が上がる原因はもうひとつあります。

それは、その記事の情報をすでに理解している人でもクリックしてもらえるです。

「そんなこと知ってるよ!」という自尊心をくすぐることにより、記事タイトルをタッチしてもらえるんですね。

役立つ情報が書いてあることをアピールする

ブログの記事は読者に役立つ情報を発信すべきです。

そして、読者も役立つ情報を求めています。

なので、タイトルで「この記事にはあなたの知りたい役立つ情報が載っていますよ!」とアピールするのです。

具合的には、「~の方法」「~のポイント」「~の理由」「~の原因」「~のヒント」「~の裏ワザ」「~のテクニック」「~のルール」「~のコツ」などを使うといいですね。

 

このように、思わず記事をクリックしたくなるようなテクニックはとてもたくさんあります。一気に習得しようと思っても難しいので、ひとつずつ徐々に自分のものにしていきましょう。

有名なブロガーさんの記事タイトルやNAVERまとめなどのタイトルを参考にしながら、実際に色々自分自身で試してみてください。

 

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-SEO

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.