特化型ブログ

特化型ブログのジャンルの具体的な決め方。初心者がアクセスを増やすには

投稿日:

特化型ブログは、最初のジャンル選定で間違えてしまうとアクセスを集めることができません。

間違えたジャンルに特化してしまうと、どんなにキーワード選定が上手く、記事の質が良くてもPV数を増やしていくことができないのです。

なので、特化型ブログでアクセスを集めるためには、ジャンル選定がとても重要になります。

今回は特化型ブログのジャンル選びにあたり気をつけなければならないポイントと初心者でも失敗しないおすすめ決め方を紹介します。

特化型ブログにする理由

まずジャンル選定の方法をお教えする前に、なぜジャンルを特化しなければならないのか解説します。

ジャンルを特化する理由をしっかり理解していただいたうえで実践することにより、そのメリットを最大限に活かし、不安なく実践していただけるかと思いますので、最初に必ず理解しておきましょう。

Googleに評価されやすい

ジャンルを特化することにより、Googleに評価されやすいブログになります。

Googleはブログのテーマ、つまりどのようなことについて書かれたブログなのかという部分を見ています。そして、よりテーマの明確なブログほど評価してくれます。

 

しかし、中には例外もあります。

例えばNAVERまとめなどのサイトはさまざまなジャンルが混ざっているにも関わらず、なかなか強いサイトですよね。

このようなジャンルごちゃまぜでも強いサイトには、以下の様な共通点があります。

  • サイトのボリュームが膨大
  • 記事の質が非常に良い
  • 大量の被リンクを得ている
  • 運営歴が長い

ジャンルごちゃまぜのサイトでも、これらの要素を含んでいる場合Googleから評価され強いサイトとなっています。

 

ただ、個人ブログでこれらを満たそうとすると、かなり時間がかかってしまい非効率です。

今ではジャンルごちゃまぜのトレンドブログの増加により、このやり方では結果が出るまでに多くの時間と労力が必要となり非効率なのです。

だったら最初からジャンルを絞ったブログ、最初からGoogleに評価されやすいブログを運営していったほうが合理的ですよね。

アドセンスのクリック率、クリック単価が高い

ジャンルを特化することにより、アドセンスのクリック率やクリック単価が高くなります。

ではどうしてそうなるのか、アドセンスの仕組みについて簡単にお話します。

アドセンス広告でどのような広告が表示されるかは、主に以下の2点によって決めれられます。

  • ブログのテーマ
  • ユーザーの行動履歴

ブログのテーマはどのようなものか?ユーザーは今までどのようなページを見てきたのか?というデータを基に、表示される広告が決まってくるのです。

つまり、ジャンルを特化することによりGoogleがブログにどんなことについて書かれているのかを明確に把握することができるため、そこにマッチした広告が表示され、広告のクリック率やクリック単価が結果的に高まってくるのです。

検索順位が安定しやすい

ジャンルを特化することにより、Googleからペナルティを受けるリスクを大幅に減らすことができます。

先ほどのテーマの話とも関係してくるのですが、これまで流行ってきたジャンルごちゃまぜのトレンドブログなどはブログのテーマが定まっていないものが多いため、Googleからしたら「このブログは何なんだ?」と思われてしまいかねません。

検索エンジン上にあるブログ・サイトの数は膨大なため、ある程度ブログが大きくなるまでは無視されますが、ブログの露出度が高まってくると目をつけられます。

 

その際に、ジャンルを特化したブログはテーマが明確なため、Googleからの評価は受けやすく検索順位は安定しやすい傾向にあります。

そうなれば一つの特化型ブログを大きくしたり、複数の特化型ブログを並行して運営していくことにより収入を大きくしていくことも可能なのです。

初心者の方にとっては、まず一つ安定して稼ぎ続けてくれる収入源を手にすることが重要であるため、検索順位の安定というのは非常に重要な要素です。

特化型ブログのジャンルの決め方

特化型ブログにおける「正しいジャンル」というのは、

ジャンル全体の検索ボリュームが多く、

ライバルが弱く、

かつ記事ネタが豊富でなければなりません。

この3つの要素を兼ね備えているジャンルに特化することにより、効率的にアクセスを集め、報酬を増やしていくことができるのです。

検索ボリュームの大きさ

まずどれくらいの人がそのジャンルに関心があるのかということを考えてみましょう。

アドセンスをメインの収益源とする手法の場合、やはり多くのアクセス数が必要になりますが、そのためには多くの人を取り巻く必要があります。

極端な話、日本語のサイトを運営する際は、日本語を扱える人すべてをターゲットにできるジャンルを選べると最高ですね。

ターゲットとなる人が多いジャンルを選ぶことにより、必然的にアクセスを集めやすくなりますので、ターゲットとなる人の多さもしっかりと考えてみましょう。

ライバルの多さ

最そのジャンルでのライバルサイトの多さも見ていく必要があります。

上記の2点をクリアしたジャンルであっても、企業の運営しているサイトや公式サイトなど強いサイトがあまりにも多いジャンルの場合、自分のブログが検索結果の上位に表示させることが難しくなります。

少しくらい強いライバルサイトがあることは仕方のない事ですが、あまりにも多すぎる場合はジャンルを改めたほうが良いです。

ネタの多さ

そのジャンルでどれくらいのネタが書けそうかということを考えてみましょう。

ジャンルを特化することによりGoogleから評価されやすいブログになるとはいえ、基本的にはある程度の記事数を投稿していく必要はあります。

そのため、ある程度ネタが多くなければ必然的に記事数も少なくなってしまい、大きく稼ぐことは厳しくなります。

特化型ブログのジャンルの決め方

特化型ブログのジャンルを決める方法は主に2つの方法があります。

  • ごちゃまぜブログを運営し、そのデータからジャンルを決める方法
  • アクセスが集まるジャンルをリサーチする方法

それぞれについて詳しく解説していきたいと思います。

ごちゃまぜ雑記ブログを運営してジャンルを決める方法

1つ目の方法として、さまざまなジャンルを扱う、いわゆる「ごちゃまぜブログ」を運営し、そこで得られたデータからアクセスが集まりそうなジャンルを決めるという方法があります。

 

記事をたくさん更新して、しばらくすると「アクセスが集まる記事」と「アクセスが集まらない記事」が出てくるはずです。

そして、「アクセスが集まるのはどういうジャンルの記事なのか?」ということを分析し、そのジャンルに特化したブログを構築していけばいいのです。

メリット

この方法のメリットとしては、実際のデータを使用しているので、

  • アクセスが集まる確率が高い
  • 臨機応変にジャンルの修正が可能

ということです。

自分で運営しているブログでそのジャンルの記事にアクセスが集まっているので、そのジャンルに特化すれば同様にアクセスが集まる可能性がとても高いですよね。

ジャンルの見極めが全然つかない初心者はこの方法から始めるのがおすすめです。

デメリット

この方法のデメリットは

  • 初めから特化させる場合と比較して時間がかかる可能性がある

ということがあげられます。

 

ごちゃまぜブログは、いわゆるトレンドアフィリエイトという手法を行って作っていくのですが、扱うジャンルがばらける分、成果が出るまでに時間がかかりやすい傾向があります。

初心者の方はトレンドアフィリエイトで月収10万円ぐらいの結果を出す過程で挫折しがち。

またごちゃまぜブログを作っている最中に、Googleからペナルティを受けるという可能性もありえます。

アクセスが集まるジャンルを自分でリサーチする方法

この方法は、ごちゃまぜブログのデータを使用するのではなく、自分でツールなどを使ってアクセスが集まりそうなジャンルを選定していく方法になります。

選定していく方法は、基本的にキーワード選定と一緒です。キーワードプランナーなどのツールを使用して、検索ボリュームが多く、ライバルが弱いジャンルを探していくのです。

これらについては、以下の記事を参考にしてみ

ブログのキーワード選定方法。SEO上位表示のコツを超具体的に伝授

メリット

この方法の大きなメリットは、ごちゃまぜブログを作る必要がないことです。

最初から特化型ブログを作ることに集中することができます。

色んなジャンルに目を向ける必要がないということですね。

単純明快で初心者にとっては記事が書きやすいかもしれません。

デメリット

この方法のデメリットとしては、正しいジャンルを選定できていない可能性があるということです。

実際のデータを使用するのではなく、自分自身で「アクセスが集まると予想されるジャンル」を決めているため、確実性がないのです。

このジャンル選定を間違えてしまうと、どんなにキーワード選定が上手く、記事の質が高くてもアクセスを集めることができないので注意しなければなりません。

この方法は、すでにキーワード選定のスキルがある人が行えば一番簡単にジャンルを決めることができます。

ただ、初心者の方が行うにはハードルが高く、方向転換はできる形にしないと稼ぐことが難しいように思えます。

おすすめのジャンルの決め方

初心者のうちはある程度はごちゃ混ぜの方針で始めるのがおすすめです。

「ある程度」と書いたのは、ざっくりと大きなジャンルは決めた方がいいということです。

例えば、

  • 美容
  • 健康
  • ガジェット
  • イベント
  • ニュース
  • ビジネス

みたいな感じですね。

その中でごちゃ混ぜブログをつくっていき、もう少し狭い範囲に特化させていくのが良いかなと思います。

そうすれば検索ボリュームはある程度の確保が出来た状態で特化ができます。

 

どのジャンルがアクセスが集まりやすいのかの傾向を読んだり、分析を行ったりなど、稼ぐためにもこういったこともできるようになる必要があります。

その練習だと思って取り組んでいきましょう。

特化型ブログの作り方を完全解説|初心者でも月収10万稼げる始め方

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-特化型ブログ

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.