ネットビジネスの基礎知識

アフィリエイトとは何かビジネス初心者にも簡単にデメリットまで解説

投稿日:

アフィリエイトってよく聞くけど何なんだろう?稼ぎやすいのかな?

今回はこんな疑問に答えて、アフィリエイトとは何か、その仕組み初心者にも分かりやすく簡単に図解入りで解説します。

また他のインターネットビジネスと比較したアフィリエイトのメリット・デメリットを紹介します。

アフィリエイトをこれから実践しようと思っている人はしっかりと仕組みを理解しておきましょう。

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは簡単に説明すると、他の方が販売している商品やサービスを紹介してその紹介料を得るビジネスです。

言葉だけだと難しいかと思いますので、図解を見ながら説明していきます。まず、以下の図解をご覧ください。

 

図解で示したように、アフィリエイトには大きく分けて広告主、ASP、アフィリエイター、ネットユーザー(消費者)の4つが関わってきます。

広告主

広告主とは、商品やサービスを販売してそれらの広告を出している企業や個人ですね。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダーと呼ばれているもので、数多くいる広告主が出している広告を集めてまとめたものです。

そして、アフィリエイターがASPに登録することで、アフィリエイターが求めている広告を簡単に探せるようにしているんです。

ASPに関する詳細はこちらをご覧ください。

アフィリエイター

次はアフィリエイターです。アフィリエイターとは、アフィリエイトをする人のことなのですが、アフィリエイターがすることは自分の持つ媒体を使用して広告主が販売している商品やサービスを販売促進することです。

具体的には、集客とネットユーザーへの情報提供です。広告主だけではどうしても集客に限界が出てきますし、情報提供に関しても実際に使用した人の声のほうが信憑性がありますよね。

アフィリエイターは広告主の代わりに商品やサービスを販売することでその対価を得るのです。

ネットユーザー(消費者)

ネットユーザーはその名の通り、インターネットを使用して情報を収集したり商品やサービスを購入している人のことです。

ネットユーザーはアフィリエイターの持つ媒体で情報収集し、商品やサービスを購入していきます。この際に、アフィリエイターの持つ媒体(正確にはリンク)を通して商品やサービスを購入すると、そのお金の一部がASPを通してアフィリエイターに支払われます。

アフィリエイトの仕組みはこのようにして成り立っているのです。

アフィリエイトのメリット

次はアフィリエイトのメリットについて解説していきます。

アフィリエイトには以下の様な4つのメリットがあります。

  • 在庫がいらない
  • 初期費用や維持費用が少ない
  • 仕組み化しやすい
  • 場所を問わない

在庫がいらない

アフィリエイトでは在庫を持つ必要がありません。1つもいりません。

ビジネスの大半は在庫を抱えますので、そのために維持費用などがかかり大きなリスクを必要としますよね。

さらにはそれらの商品の配送業務もしなければならなく、そのために配送業務をシステム化する必要があり非常に手間がかかります。

 

そうすると人を雇って組織化する必要も出てきて仕組み化するシステムを作り上げなければなりません。

こうなると1人でできないことはもちろん、金銭的、時間的にも大変なことになってきます。

 

しかしアフィリエイトでは在庫を必要とせず、配送業務もいりませんので、金銭的、時間的にリスクを抱えることが全くないのです。

アフィリエイトでは他人の販売している商品を紹介するビジネスですからね。

初期費用や維持費用が少ない

また、初期費用や維持費用が圧倒的に少なく済むということもアフィリエイトの魅力です。

通常、ビジネスをすると言ったらほとんどのビジネスが膨大な初期費用を必要とします。何百万、何千万円といったお金を必要としますよね。

店舗を構える実業はもちろんのこと、転売、投資などその他のネットビジネスはある程度まとまった初期費用が必要になってきます。

 

しかし、アフィリエイトでは初期費用や維持費用が圧倒的に少なくできてしまうのです。

必要なのはパソコンとネット環境、またアフィリエイトの種類にもよりますがドメインやサーバーといったものだけです。

先ほども述べましたがアフィリエイトでは在庫を必要としませんので、膨大な初期費用やそれを維持するための費用、また人件費などもいらないのです。

アフィリエイトで必要な初期費用や維持費用を具体的にお教えしますと、初期費用は約2~3万円ほど、また維持費用に関しては月1万円もあれば十分でしょう。

仕組み化しやすい

アフィリエイトの3つ目のメリットとして仕組み化しやすいというのもあります。

もちろん最初からいきなり仕組み化できるほど甘くはありません。最初の頃は自動的に稼げるように仕組み化していくために努力する必要があります。

しかし、正しい方法で仕組み化していくことによりあなたがほとんど作業をしなくても勝手に収入が入ってくるような状態を築きあげることができてきます。

とは言っても、本当に何もしなくても良いというわけでもなく定期的なメンテナンスなどをする必要はあります。しかしその作業も週に1回ほど1,2時間で終わるような作業です。

あとは自分の趣味などに時間を費やしたり、他のビジネスを新たに始めたりすることもできます。

場所を問わない

アフィリエイトのメリットとして場所を問わないというメリットもあります。

アフィリエイトではネット環境とパソコンがあればできてしまいますので、ネットさえ繋がっていればどこにいてもできてしまうのです。

つまり、例えばあなたが世界中どこにいてもネットがつながっている場所でアフィリエイトをしながら生活をしていくことができてしまうのです。

実際にアフィリエイターの中には、海外でゆったりと暮らしている人も数多くいます。

アフィリエイトのデメリット

一方でアフィリエイトにもデメリットは存在します。

アフィリエイトには以下の様な4つのメリットがあります。

  • 継続的な努力が必要
  • 1人作業で自分との闘い
  • ライティング技術が必要

継続的な努力が必要

アフィリエイトで成果を得るためには、必ず継続的な努力が必要です。

お金として収入が目に見える形になるのは、最短でも1ヶ月以上はかかると思います。

バイトとは違って時給で働いているわけではないので、作業した分かならず収入を得られるという保証はありません。

正しい方向に努力をしていなければ、努力した分の報酬が得られないという可能性もあります。

アフィリエイトで5000円稼げる人は全体の10%(実際はもっといると思います。)

という言葉もありますが、多くの人はここで挫折して辞めてしまう人です。

逆に順調に稼げるようになるまで続けた人は、そのまま続けて普通のサラリーマンじゃ得られないような収入を手にします。

アフィリエイトはコツコツ地道な作業の繰り返した人が勝つ世界です。

1人作業で自分との闘い

組織ではなく個人でアフィリエイトを始める方は、基本的に1人でパソコンに向かって作業することとなります。

つまり、どれだけ作業するかどうかは自分次第なのです。

どこかのコミュニティに属して、情報交換したり、チャットしたりしながら作業することもできますが、結局作業自体は自分1人ですることとなります。

1人で行う作業が好きじゃない人は、苦痛に感じるかもしれません。

ただPC1台でできるというメリットがあるので、カフェやレンタルスペースなどにいって作業するのも1つの手です。

ライティングの技術が必要

アフィリエイトは基本的に、どの手法を行うにしてもライティング技術が必要になってきます。

物を上手に紹介したり、

サービスの内容をしっかり理解して分かりやすく伝えたり、

SEO(検索エンジンで上位表示させること)を意識したライティングをしたり、

などですね。

細かい部分でいえば、パソコンのタイピングも早いに越したことはないです。

 

もちろん現時点でライティング技術がなくても大丈夫。

ただし、実践しながら、そのスキルを磨いていく必要があります。

1つの手として、ライティングスキルを磨くためにWebライターとして活動するというのもありです。

ライターを募集する側の人はすでに知識がある人が多いので、ライティング技術を学びながらお金を稼ぐことができます。

WEBライター初心者の収入目安と始め方

以上がアフィリエイト全般のメリット・デメリットになりますが、実はアフィリエイトの中にもいくつかの種類が存在します。初心者の場合、どれを実践するかで稼げるかどうかが大きく変わってくるのでしっかり確認しましょう。

アフィリエイト全10種類一覧と初心者が最も稼ぎやすい手法を3分で解説

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-ネットビジネスの基礎知識

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.