ライティング

【簡単】アフィリエイトの外注化とは?ブログ記事作成ライターの募集方法

投稿日:

アフィリエイトでお金を稼ぐためには、ブログにアクセスを集めなければなりません。そして、アクセスを集めるためには、記事をたくさん投稿する必要があります。

しかし、記事をすべて自分の手で書くというのは、なかなか大変なことであり、とてもたくさんの時間を費やすことになります。

 

そんな時におすすめするのは、記事のライティングを外注化してしまうことです。

実際、僕自身も今では記事作成を外注化してしまうことで、最終チェックをするのみのほぼ自動でサイトを運営することができています。

今回は、アフィリエイト初心者の方でもブログ記事を簡単に外注化する方法を紹介します。

良いライターが見つかりやすいクラウドソーシングサイトから具体的な募集方法、外注化したあとの流れまで見ていきましょう。

アフィリエイトブログの記事を外注化をする方法

記事ライティングの外注化を行うには、まず記事を書いてくれるライターさんを探さなくてはいけません。

ライターさんを探すには、クラウドソーシングというものを利用します。

クラウドソーシングとは、「不特定多数の人に業務委託をするプロセス」のことです。

クラウドソーシング
(出典:http://crowdsourcing-i.com/)

つまり記事執筆の依頼をサイト上に登録することで、その依頼に興味を持った登録者の方に作業してもらおうというわけです。

このクラウドソーシングを使うことで、ネット上で条件にマッチしたライターさんを探すことができます。

クラウドソーシングサイトでライターの募集

クラウドソーシングは、さまざまなサービスがありますが、

この2つは絶対に登録しておくようにしましょう。

王道中の王道です。

どちらも登録や仕事の発注自体は無料で行えるので、両方のサイトで仕事の登録をしておいて、より条件の良い外注を選ぶようにするのが得策となっています。

 

次点で以下の2つ。

この2つはライティングに特化した記事作成代行サービスで、高品質な記事を書いてくれるライターさんが多いです。

ただその分、支払いする報酬額はかなり増えることになります。

最初は安い料金でライターが集められるクラウドワークス、ランサーズを利用するのがいいでしょう。

ブログライターの募集方法

クラウドソーシングサイトに登録することができたら、ライターさんを募集する文章を書いていきます。

応募する方は、この募集分を読んで、応募するかどうか判断するので、募集文はしっかりと書かなければなりません。

あなたは良いライターを選定することになるわけですが、逆にライターの方も良いクライアントを見定めていることは忘れずに。

 

最低限、募集分で書くべき内容は、以下の通りです。

  • ブログのジャンル
  • 記事数
  • 報酬額
  • 文字数
  • 禁止事項
  • 応募方法

それぞれについて解説していきますね!

ブログのジャンル

あなたが特化しているブログのジャンルを書きます。ジャンルが絞られている分、そのジャンルに興味があるライターさんが集まってくれるので、しっかり記しておくようにしましょう。

 

『ジャンルを絞って募集する分、応募してくれる人が少なくなってしまうのではないか?』と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

ライターさんとしても、ジャンルを絞ってくれた方が、何について書けばいいのかということが分かりやすいです。「好きなことを書いてください。」と言われても困ってしまいますよね。

記事数

1回の契約につき最低何記事、最高何記事お願いするのかを記します。

ライターさんは、できるだけ長いお付き合いをしたほうが、自分が思っているような記事を書いてくれやすくなります。

ただ最初はライターのスキルをある程度は見定める必要があるため、1~3記事程度で募集をかけるのがおすすめです。

報酬額

ライターさんが最も知りたがっている部分となります。1記事あたりいくらの報酬を支払うのか記しましょう。

報酬額が少なすぎると、ライターさんが全然集まらなくなってしまうので注意しなければなりません。

これはどこまでお願いするか、どれぐらいのボリューム・クオリティをお願いするかでかなり変わってきますが、一番最初は1記事あたり300~400円ぐらいから募集をかけるのがおすすめです。

集まらなければ、その後徐々に上げていってみて下さい。

文字数

1記事あたり何文字ぐらいで書いてほしいのかを記します。

文字数もしっかり書いてもらわないと、とても少ないボリュームの記事が納品されても再納品をお願いできなくなってしまいますね。

アクセスを集めるためには、しっかりとした情報量が記事中に含まれている必要があります。

ただ報酬額との兼ね合いもあるため、300円の記事なら1000~2000文字程度が一般的です。

禁止事項

ここでは、ライターさんにやってほしくないことを記しておきます。

例えば、記事のコピペやリライト。記事の使い回しなどです。

応募方法

最後に、どのように応募すればいいのかを記しておきましょう。応募方法を分かりやすく伝えておかないと、応募したくてもどうすればいいのか分からなくなってしまいます。

また実はここでしっかりと応募文を書いてくれるかどうかで、人柄や性格、ライティング力などを見極めることができます。

できれば、「自己紹介、年齢、得意な分野」など知りたい情報は細かく設定しておくといいですね。

ただし細かすぎると、報酬額によっては応募が集まらなくなるので注意が必要です。

良いライターさんの見分け方

クラウドワークスにはたくさんのライターさんがいます。コピペ・リライトばっかりの記事を納品してくる人もいれば、とても分かりやすくオリジナルティあふれる記事を納品してくれる人もいるのです。

近年のSEOは、コンテンツ重視となっています。なので、上位表示するためには、記事の質もしっかりと意識しなければなりません。

さらに、Googleペナルティの危険性なども考慮すると、最低限の記事の質は必要となります。

 

なので、しっかりと良い記事を納品してくれるライターさんを見分ける必要があるのです。

質の高い記事を書いてくれる人を見分けるポイントは以下の通りです。

  • 応募メッセージ
  • サンプル記事
  • 返信の早さ
  • 職業

応募メッセージ

ライターさんが応募してくるときの、文章をよくチェックしましょう。自己紹介や意気込みなどをしっかりと書いているライターさんは、良い記事を納品してくれる可能性が高くなります。

ライターさんとの最初のコミュニケーションである応募メッセージは、意外と良いライターさんかどうか判断できるのでぜひチェックしてみてください。

サンプル記事

応募するために、あらかじめサンプル記事を提出してもらうのも効果的です。

契約前にサンプル記事を書いてもらえば、実際にそのライターさんがどのような記事を書くのか把握することができます。

ただしランサーズでは、契約前のサンプル提出(別の仕事の使いまわしなどはOK)を禁止しているため、サイトによってはできないので注意してください。

返信の早さ

返信の早さも補足的にチェックしておきましょう。2、3日経ってからしか返信してくれない方は、契約後も2、3日ごとのやり取りしかできません。

良い記事を納品してもらうためには、円滑なコミュニケーションが必要です。あまりにも返信が遅い方は、注意しなければなりません。

職業

最後に、ライターさんが日頃なにをしているのかも確認しておきましょう。経験的に、普段ふつうの会社員としてフルタイムで働いている人は、良い記事を納品してくれる可能性が低くなります。

なぜかというと、本業に時間を取られて、記事を書く時間があまり取れないからです。

 

なので、主婦の方や学生の方を中心に募集してみることをおすすめします。

会社員と比べて、主婦や学生の方は時間に余裕があるので、しっかりと記事を書いてくれる可能性が高まるのです。

ライターを雇って外注化した後の流れ

記事タイトルリストを送る

無事にライターさんを雇うことができたら、書いてもらいたい記事のタイトルなどを送ります。

記事タイトルは、アクセスを集めるためにとても重要になりますので、記事タイトルだけは自分でしっかりつけるようにしてくださいね!

この際は、キーワード選定をして、狙いたいキーワードを含めたタイトルをつけるようにします。

可能なら記事執筆マニュアルを作成

また可能なら事前に外注との契約後に渡す記事執筆マニュアルを作成しておくと、ライターとのやり取りをスムーズに行うことができます。

具体的に書く内容としては、下記項目を書いておくとライター側も記事が書きやすいです。

  • 記事のテーマ
  • 記事の書き方
  • 見本となる参考記事
  • 記事ネタの探し方
  • 注意事項

以上の内容を記したマニュアルをPDF等のファイルにしておきます。

動画でもテキストでも構いませんが、しっかり見てもらえるように分かりやすくします。

 

マニュアルを作っておくことで、ライターと契約する度にファイルを渡すだけで作業を依頼することができるようになります。

コピペチェック

ライターさんから記事を納品したら、必ずコピペチェックは行いましょう。当然ですが、応募してくる人にはいろんな人がいます。

コピペは禁止だと伝えていても、平気でコピペした記事を納品してくるような人もいるので、しっかりチェックしておきましょう。

クラウドワークスであれば、サイト内に無料で使える簡易的なコピペチェックツールがありますので、そちらを利用するのがおすすめ。

 

もしコピペチェック作業をもっと精密にやりたいなどがあれば、『コピペリン』という有料ツールもあります。

多くのアフィリエイターが使っている人気ツールで、僕も使っています。

ただ有料なので、ある程度収益が立っている人以外は利用しなくていいと思います。

添削は必須

マニュアルを渡したからといって、ライターが最初から完璧な記事を書いてくれるとは考えないほうが良いです。

ライターの能力にもよりますが、ほとんどの場合は多少なりとも添削して手直しする必要があります。

 

というのも、外注が書いた記事というのは非常に読みづらい場合が多いんです。

これをこのまま公開してしまうと、ユーザーの離脱率を増大させる要因となりかねません。

収入を自動化させるために、お金を払って外注を雇っているのに、それで収入が減ってしまっては元も子もないですよね。

 

またマネタイズとしてグーグルアドセンスを使用している場合、コンテンツポリシーに違反していないかや、著作権など権利を違反していないかなども確認する必要があります。

責任者は自分なので、必ず納品された記事はチェックするようにしましょう。

トレンド系サイト運営者は外注化すべき

簡単にまとめると、クラウドワークスに登録し、ライターさんを募集し、メッセージをやり取りしながら記事を納品してもらうという流れになります。

良いライターを見つけるのはなかなか大変ですが、ライターを雇うこと自体は簡単ですので、ぜひやってみてください。

  • 自分で記事を書くのが面倒になってきた方
  • 本業や家事が忙しくて記事を書く時間がない方

などは外注化を検討してみるのがおすすめですが、特にトレンドブログとかまとめサイトとか速報性が強いサイトを運営している方は収益を拡大させるためにも外注化は必須です。

こういったサイトは記事の質よりもスピードの方が求められることが多いので、外注化にも向いています。

上手く外注化を取り入れて収益を拡大化させてみてください。

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

Webマーケティング事業を展開する会社を経営しています。⇒詳細はこちら

-ライティング

Copyright© ブログLABO , 2020 All Rights Reserved.