WordPress

WordPressとSNSをプラグインで連携【自動投稿によるアクセス数増の実例公開】

投稿日:

ブログを運営するにあたって、SNS(Twitter, Facebook, Google+など)を利用することは、アクセス数を増やすための大きな手段となります。

ここではSNSをWordPressブログと連携させて、自動投稿させる方法を説明します。

さらに僕が運営する1つのサイトにて自動投稿を導入し、実際にアクセスアップした実例まで限定公開しますので最後までご覧ください。

WordPressブログとSNSをプラグインで連携

SNSをWordPressブログと連携させるためには

Jetpack by WordPress.com

というプラグインを用います。

このプラグインはマストでインストールするべきプラグイン。

プラグイン検索画面のデフォルトで表示されているので、インストールしていない人はインストールして有効化しましょう。

大丈夫かと思いますが、インストール方法が分からない人は以下の記事に従ってインストールしてみてください。

WordPressブログのおすすめプラグインを特別公開【2019年最新】

Jetpackを使ったSNS連携&自動投稿の設定方法

プラグインを有効にしたら、プラグイン一覧画面からか左メニューの上の部分をみて

Jetpack ⇒ 設定

の順に選択して下さい。

jetpack

 

続いて、

パブリサイズ ⇒ 設定

を選択して下さい。

パブリサイズ共有

 

するとパブリサイズ共有の設定画面が表示されるので、
お好きな連携させたいSNSの「連携ボタン」を選択して下さい。

ここではTwitterを例にして、話を進めます。

パブリサイズ共有

 

連携」をクリックすると、認証画面が表示されますので、

連携アプリ(お持ちのアカウント)

を認証させて下さい。

JETPACK

 

認証が終わると、パブリサイズ共有の設定画面に戻るので
連携させたアカウントが表示されているか確認しましょう!

SNSを連携

以上で、Twitterとブログの連携は完了となります。

これにより、今後は記事を投稿するたびに、
ツイッターの方でも自動で呟かれるようになります。

自動投稿させたいSNSを連携させよう

また同様の方法で、

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Tumblr
  • Path
  • Google+

のアカウントも連携させることが出来ます。

 

今の時代、SNSからの集客数は侮れません。

特に話題になっているネタを扱うトレンドブログなどを運営している方なら、かなりの集客数が見込めます。

 

よって利用者の多いTwitterはマストで、

  • Facebook
  • Google+

あたりも余裕があれば連携させておくことをオススメします。

自動投稿したくない場合や投稿文を変更したい場合

とはいっても、記事公開時に勝手に自動投稿をしたくない場合やSNSに投稿される文章を変更したい場合もありますよね?

可能なら、SNSへの投稿は手動で行った方がユーザーからの反応は良いです。

そういった場合は、記事投稿画面の『公開』のメニューからパブリサイズ共有を開くことで変更が行えます。

自動投稿をしたくない場合は、新規記事を公開する前にチェックマークを外すようにしてください。

投稿される際の文章を変更したい場合は『カスタムメッセージ』の文章を変更することで、投稿される文章を変更できます。

デフォルトでは『記事タイトル』が入力されています。適宜変更してみてください。

SNS連携でアクセス数は増やすことができるのか?

さて、ここからが本題。

おそらくSNSを連携させて自動投稿させるだけだと、アクセス数の増加はそんなに見込めないんじゃない?

と思われる方もいると思います。

 

たしかに、ロボットみたいに記事の更新だけを報告するような呟きはあまりバズらない印象はありますよね。

できることなら、呟きの文章を変えてバズりやすくする工夫を施してやるのがベストです。

ただその分、手間が増えますがね。

 

しかし、ご安心ください。

デフォルトの設定で自動投稿するだけでも、ある程度の検索流入が見込める証拠をお見せします。

Twitterからの流入でアクセスアップした実例を公開

以下、僕が運営している1つのメディアの3ヶ月間の流入になります。(トップ2のみ)

内容をみてみると、

検索エンジン:372462

Twitter:7270

とじつに検索流入の5分の1程度がTwitterから入ってきているんですよね。

 

これは相当大きな意味を持ちます。

 

なぜならTwitterからの流入というのは、まだ公開した記事が検索結果にインデックスがされていない時、つまり記事公開直後の初動のアクセスをもたらしてくれます。

初動でアクセスを集めることができれば、その記事の滞在率を高めるように記事を書いてやることで

検索結果へのインデックスのスピードが速まる

検索順位も上位に押し上げられやすくなる

など多大なメリットをもたらしてくれるからです。

すなわち、Twitterからの流入が検索流入の増加にもつながっているというわけ。

 

いくら良い記事を書いても、誰にも見てもらえなければ収益を生むことはありません。

SEO対策されたコンテンツに仕上がっていないと、単体では検索結果の上位に押し上げるのも難しいです。

一方でSNSをあわせて活用すると、記事の内容が良ければそれだけそこでバズって流入が見込めます。

すると、相乗効果的に検索順位も上がって、アクセス数は2倍にも3倍にもレバレッジがきいて増えていきます。

 

記事の内容がしっかりしているというのは前提条件ですが、今まで

自動投稿させるだけならそんなに意味ないんじゃない?

と思っていためんどくさがり屋な人も、あなどることなく自動投稿設定だけでもしておくようにしましょう。

ちなみに上記の例は自動投稿だけの結果ですが、Twitterでバズらせるには投稿される際に表示されるタイトル付けや記事の内容に「ある工夫」を施す必要があります。

だからこそ僕の場合は結果が出ているわけなので、普通にやったらここまでの結果は出ません。

その工夫については下記教材を購入いただいた方に1つの特典として無料で教えていますのでチェックしてみてください。

AAA(Autoweb Autopilot Affiliate)豪華特典でデメリット解消【バナナデスク】

メール講座で最新ブログ運営戦略を無料配布中

LINEで限定特典を無料プレゼント中

『月100万円を正攻法かつ最短で稼ぐ世界一シンプルなステップ』の特典動画をプレゼントしています。

  • この記事を書いた人
くろかみ(KUROKAMI)

くろかみ(KUROKAMI)

ブログだけで月500万円稼ぎ学生時代に法人化。大学卒業後はIT社長として主Webマーケティング事業を展開しています。⇒詳細はこちら

-WordPress

Copyright© ブログLABO , 2019 All Rights Reserved.