ネットビジネス

ネットビジネスとは何か?怪しいとされる理由やどんな種類があるのか解説

ネット副業

ネットビジネスとは一体何なのか?

リアルを生きている人
ネット世界に疎い人

何かは知らないかもしれませんね。

 

ネットビジネスを長年やっている私の勝手なイメージですが、ネットビジネスをやっている人っていうのは、

一度何かしらで挫折していたり、
何か壁にぶち当たっていたり、

なんて人が多いような気がします。

 

そこで今回はネットビジネスとは何なのか、どんな種類があるのかについて、解説していきたいと思います。

なお、個人的な見解等も含まれていますので、その点はご了承ください。

ネットビジネスとは何か?

ネットビジネスとは、その文字の通り、

インターネットを使用したビジネス

のことを指します。

インターネットを使用していれば、どんなビジネスでもネットビジネスです。

非常に曖昧かつ広い意味を持っていますね。

ネットビジネスは怪しいという思想はお門違い

ネットビジネスをあまり知らない人、用心深い人なんかは

「ネットビジネスって怪しい」

みたいにあまり良いイメージを抱いていない人もいると思います。

 

実際、ネットビジネスと検索すると、

「怪しい」

とか

「危ない」

とかが検索予測で出てきます。

 

検索予測というのは、実際に検索されたワードが表示されますので、

「それだけ検索している人がいる」

つまり、ネットビジネス=怪しいと思っている人がそれだけいるというわけですね。

 

しかし、この思想はかなりお門違いであることを理解してください。

なぜなら、ネットビジネスのほとんどは至極真っ当なビジネスだからです。

 

例えば、今流行りのYouTuber。

これも当然ながらネットビジネスです。

 

YouTuberは毎日面白い動画をアップして、アクセスを集めるわけですが、その動画には広告をつけています。

YouTubeをご覧の皆さんも

動画が再生される前に流れる広告動画だったり、
動画の下部にちょろっと表示されるバナー広告、
ないしは右上に表示されているバナー広告

を見たことがあると思います。

 

これはすなわち、YouTuberは自分が公開した動画に対して、広告を貼り付けることで、
アクセス数に対して、そこから広告収益という対価を得ているわけです。

更に言えば、最近では動画内で、企業さんの商品だったり、サービスを紹介している人も多数いますよね。
(企業案件と名付けられています)

これは紹介することで、企業さんからお金をもらっているわけで、もろアフィリエイト、いわゆるネットビジネスとなります。(アフィリエイトが何なのかは後述します。)

 

他にも皆さんよく利用されるであろう「楽天」とか「Amazon」。

いわゆるネットショップですね。

これもネットを使って物を売っているわけなので、ネットビジネスです。

 

こうしてみると、ネットビジネス=怪しい、危ないという決めつけはかなりの偏見であることがわかるかと思います。

 

ネットビジネスが「怪しい」とか「危ない」とか言われる理由

では、なぜネットビジネスが怪しいとか危ないとか、そんなイメージがついてしまっているのか。

それは、

  • 一部の人間がネットを使って詐欺まがいのことをしている
  • ネットビジネスの稼ぎ方を記した情報商材の中に値段に釣り合っていない、いわゆる詐欺商材がある
  • 情報商材は全般的に金額が高いので、イメージが良くない

ざっと、これらが理由かなと私は考えています。

 

要はネットビジネスをしている人の中に悪さをしている奴がいるんです。

ただこれはネットビジネスに限らず、どこにでもいることだと思います。

悪さをする奴は悪さをするんです。

 

とはいっても、ネットビジネスは顔が見えない分、悪さしやすいというのがあるんでしょうね。

そして悪さをする奴の母数が多いからこそ、イメージも悪くなっていってしまうのでしょう。

 

しかし、ほとんどのネットビジネスは至極真っ当はビジネスですので、一括りで怪しいとするのは偏見でしょう。

 

ネットビジネスにはどんな種類がある?

では、ネットビジネスには具体的にどんな種類があるのか?

先ほど述べた通り、ネットビジネスはインターネットを使ったビジネス全般なので、実に様々な種類があります。

先ほど挙げたYouTubeだったり、ネットを使った物販もネットビジネスです。

あとはアプリをネットを介して配信するのとかもネットビジネスと言えると思います。

細かく全部は紹介しきれないので、ここでは一般的にネットビジネスとして大別されている物を紹介していこうかと思います。

アフィリエイト

アフィリエイトとは、自分のWebサイト上に広告リンクを載せることで収益を得るビジネスとなります。

Webサイトだけじゃなくて、先ほど挙げたYouTubeでももちろんOK。

要は自分の媒体に広告をのっけて、その広告収益で儲けるというわけです。

 

そしてアフィリエイトの中でも、厳密に言えば

  • 広告がクリックされるだけで報酬が得られるクリック報酬型』
  • 広告リンク先の商品が売れることで報酬が得られる成果報酬型』

の2通りあります。

それぞれメリット・デメリットはありますが、ここではそれは割愛。

ただ一つ言うならば、クリック報酬型の方が難易度は低く、成果報酬型は物を買ってもらう必要があるので、難易度は高いです。

輸入ビジネス・転売

続いて、輸入ビジネス。

輸入ビジネスは、『安く仕入れて高く売る』という単純なビジネスモデルを体現したビジネスとなります。

Amazonとか楽天にも転売しているとこはありますが、一番多く見かけるのは、ヤフオクとかメルカリですね。

この稼ぐ手法のメリットとして、どうすれば儲けることができるのかが分かりやすいことがあげられます。

クラウドソージング

クラウドソージングは、インターネット上で業務を受注し、その依頼をこなすことで収入を得るという方法になります。

イメージとしてはネット上の依頼掲示板を見て、自分で選んで仕事するって感じです。

基本的にランサーズやクラウドワークスなどクラウドソージングのためのサイトがありますので、そこに登録して、ご自身で仕事を探して引き受ける形となります。

投資

投資といっても、ざっくり

  • 『株を扱う株式投資』
  • 『通貨を扱うFX(外国為替証拠金取引)』

があります。

具体的に言えば、不動産投資とか、最近では仮想通貨なども出てきており、これらも投資になりますが、上記二つがメジャーどころでしょう。

一般的に、初心者には、比較的覚えることが少なく済むFXの方がオススメされています。

初心者にとってオススメのネットビジネスはどれなのか?

それではネットビジネス初心者にオススメするのはどれになるのか?

それぞれの分野で大きく儲けている人はいますし、合う合わないはありますので、一概にコレとは言えない部分はあります。

ただ、初期費用の低さ、参入しやすさなどを踏まえると

アフィリエイト

がやはりオススメかなと思います。

アフィリエイトがオススメできる理由

ネットビジネス初心者にアフィリエイトをオススメできる理由は一番に

在庫を抱えないビジネス

だからだと言えます。

これはあのホリエモンこと堀江貴文氏の名言でもありますね。

 

例えば、輸入ビジネスの場合、まず始めに「安く仕入れる」ことが必要になります。

よって仕入れた商品が売れなかった場合、その分の負債を抱え得ることになってしまいます。

そうなると、どういう商品を仕入れれば良いか熟知している熟練者であれば良いのですが、初心者にとっては敷居が高いですよね?

 

一方、アフィリエイトは無料ブログを利用すれば全くコストをかけずに始めることができます。

サーバーやドメインを取得したとしても、初期費用として1000円程度払うだけで済ますことが可能です。

つまり、アフィリエイトにはほぼノーリスクで始めることができるというメリットがあるのです。

 

では「投資」や「クラウドソージング」はどうなのかと思いますよね?

まず投資に関しては、輸入ビジネスと同様のことが言えます。

扱う資産が「物」か「株」かの違いだけです。(利益を出すためのノウハウは大きく異なりますが)

 

クラウドソージングは、依頼をこなせば確実に収入を得ることはできますが、正直、これだけで大きく稼いでいるっていう人はほとんど見たことがありません。

いっても月収50万円とかぐらい。

 

ちなみに、アフィリエイトは余裕で月収1000万円とか毎月稼いでいる人もいます。

そう考えると、迷っている初心者には、「アフィリエイト」から始めてみるのがオススメかなと思います。

 

ただ前述した通り、

  • 野球が得意な人
  • サッカーが得意な人
  • 勉強が得意な人

みたい人によって合う合わないはありますので、最終的には自分に合ったビジネスを見つけるのが一番でしょう。

 

そういった方のために、当サイトではネットビジネスで稼ぐ方法の情報をまとめている情報商材を実際に購入して、どんなものなのか赤裸々にレビュー&実際に検証して、本当にオススメできる教材を紹介していきます。

これからネットビジネスを始める人の参考になれば幸いです。